top 販売代理店募集 販売代理店一覧 会社概要 お問い合わせ
コラム
 
#01
#02
 

 

#02 披露宴・披露パーティーの招待客の数は減少傾向。


2003年度の某統計を参照すると、披露宴・披露パーティーの招待客人数は、全国平均で83人だそうです。首都圏では平均が69人で、全国平均を14名下回っているそうです。首都圏について時系列でみると、招待客人数の平均が3年連続で減少しているようで、

これは、親しい人を中心としたアット・ホームな結婚式を・・・という最近の結婚式の傾向を顕著に表している数字となっていると思われます。

もっとも、大人数を招待するホテル・結婚式場中心だった以前の披露宴・披露パーティー会場が、少人数招待のハウス・ウェディングなど様々に多様化したこと、海外ウェディングで披露宴そのものを行わなくなったことも影響していると思われます。

また、以前の結婚式は仲人を立てて、会社対会社、親戚へのお披露目の意味合いなどが色濃く現れていた披露宴ですが、最近では仲人を立てた人は全国平均でわずか7%。首都圏では4%と、1割にも満たないという結果です。

あまり招待したくない会社の上司を無理に招待しなくてはならない(失礼!)など、格式ばった結婚式ではなく、結婚式は二人のためにあるという原点に立ち返る意味でも、この傾向は当然の結果と言えるのかもしれませんね。

ただ、招待客の人数が減るということはお披露目できる人数も減るということで、それでも自分たちの一生に一度の晴れ姿をたくさんの人たちに見てもらいたいという方々も多いのではないでしょうか?そのための企画として「Wedding TV」をぜひご検討なさってはいかがでしょうか(笑)。

いずれにしても、結婚式の招待客リスト作成というのもまた、頭を悩ませるものですよね!





個人情報保護ポリシー
個人情報保護ポリシー サイトマップ